サンワサプライのKVMスイッチSW-KVM4LUを買った

買ったのはこれ。(SW-KVM4LU)

地味に高い買い物だけど、使い心地は普通にいい感じ。

Windows8/Windows7/MacOSX/CentOS(CUI)の四つを繋げてApple純正の有線キーボードのテンキー付でおっきい奴を適当なマウスと一緒にコンソールケーブルにくっつけてみてるけど現状特に不満はなし。

切替の時にディスプレイを認識しなおすのかピコピコ言う(デバイス認識音)のが気になる人はいるかも。

Crrlの二回押しで順番に切替えられるんですが、左Ctrl2回で選択してるPCを指すLEDが右側に動くのが分かりにくい。ただ左Ctrlのほうが押す人多いからそっちを順番に進めるキーバインドにしたんだろうなぁとか想像してみる。キーバインドのロックもCtrl+F12で出来るあたりは使いやすい。

Appleのキーボードの横についてるUSBハブは当然のように使えないけど、それは仕方ない。元よりそこまでは望んでない。

あと、使う側のコンソールケーブル(付属品)がかなり短い。0.25mて。長いケーブルもPCにつなげる側はありそう(これとか)なのにコンソール側は見つからない。D-sub15pinっぽい形状しながらここまでの曲者とは。

キーバインドで操作する前提にして遠くに置くには延長ケーブルのお世話になるしかないみたい。個別にUSBx2/VGAをそれぞれアマゾンさんにお願い、地味にお金が削られていく。

結果、本体(SW-KVM4LU、ヨドバシ店頭で8180円,ポイント10%)、VGA延長3m(amazonさん、下記)、USB延長3m(amazonさん、下記)でなんとかする形に。USB延長のほうはキーボード/マウスで2個要るのに注意。

もしよかったら下のリンクから買って金欠を癒してやってください。

カテゴリー: 日記的な物 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です